ブレンディスティックの「鳥」に励まされる件

ブレンディスティックにメッセージが

スティックタイプのコーヒー、「ブレンディ」をかれこれ10年近く愛飲しております。

最近は、エスプレッソ・オレの微糖がお気に入り。

AGF ブレンディ スティック エスプレッソ微糖 30本 【 スティックコーヒー 】


こないだふと気づいたのですが、スティックのパッケージに、鳥のイラストとちょっとしたメッセージが印刷されるようになりまして(前はなかったので、たぶんここ1年?くらいのことだと思うのですが)。

コーヒースティックが並んでいる

ブレンディスティック

メッセージの内容はというと、ひとときのコーヒータイムがよりホッとするようなものが基本。

f:id:shishi-book:20220110000417j:plain

「ひと息つこうぜ」「しっかり切り替えていこ~」

 

「ひと息つこうぜ。」
「しっかり切り替えていこ~。」

ブレンディスティック エスプレッソ・オレ 微糖の個包装パッケージより


あるいは前向きな言葉とか。

f:id:shishi-book:20220110000850j:plain

「前向き前向き」「うまくいく予感♪」「なんだかうまくいきそうじゃない?」

 

「前向き前向き。」
「うまくいく予感♪」
「なんだかうまくいきそうじゃない?」

ブレンディスティック エスプレッソ・オレ 微糖の個包装パッケージより

 

たまに、ちょっと「はっ」ととするような、哲学的な感じのものも。

f:id:shishi-book:20220110002006j:plain

「なにが正しいかなんてだれにもわからないよ。」「苦みもうまみ。コーヒーも人生も。」

 

 

「なにが正しいかなんてだれにもわからないよ。」
「苦みもうまみ。コーヒーも人生も。」

ブレンディスティック エスプレッソ・オレ 微糖の個包装パッケージより


まあ、ここまでは想定の範囲内ですよね。
私も「あ~、受験期のお菓子のパッケージとかによくあるやつねー」と大して読んでいませんでした。

ん?

f:id:shishi-book:20220110003044j:plain

「鳥が応援してるぞっ♪」「鳥はキミの味方です」

 

「鳥が応援してるぞっ♪」
「鳥はキミの味方です。」
ブレンディスティック エスプレッソ・オレ 微糖の個包装パッケージより


「ぼくは」とか「わたしは」とかじゃなくて、「鳥」
主語が「鳥」。

「は、はぁ、応援どうも」と思いつつ、鳥のイラストが急に愛おしくなりませんか?

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

他の味だとどうなのか?

 

 

カロリーハーフもたまたま購入していたので、いくつかご紹介。
(あまり読まずに半分くらい飲んでしまったので、抜けあり)

f:id:shishi-book:20220110123602j:plain

「掃除・洗濯・ひと休み。」「お茶の時間はスマホもお休み♪」「家の中でも休憩っているよね。」

 

「掃除・洗濯・ひと休み。」
「お茶の時間はスマホもお休み♪」
「家の中でも休憩っているよね。」

ブレンディスティック カフェオレ カロリーハーフの個包装パッケージより


家事をする人や、リモートワーク向けのメッセージが多いような印象です。

私が一番グッときたのはこちら。

f:id:shishi-book:20220110124921j:plain

「パソコンじゃなくて鳥とにらめっこしよ~。」

「パソコンじゃなくて鳥とにらめっこしよ~。」

ブレンディスティック カフェオレ カロリーハーフの個包装パッケージより


もう鳥の虜ですね。

おわりに

わざわざブログ記事にして残すようなことではないのかもしれませんが。
つい書いてしまいました。
鳥の魅力、おそるべし。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告