「記念」モノは罠

前回の記事で、未使用のテレホンカードの処分に頭を悩ませていると書きました。

mame-kotukotu.hatenablog.com

 
テレホンカードに次いで、処分に困っているのが「記念〇〇」

買い取ってもらえるものもあるとは思うのですが、数が多いわけでもないので、合計で数十円~数百円だろうなという気がします。
となると、買取のための交通費や配送費を考えると、、、。

というわけで、せめてブログ記事に残しておこうと思います(いつでも処分できるように)。

 



ゾロ目系 記念切符・消印

「ゾロ目」って、特別感ありますよね。
ただ同じ数字が並ぶというだけのことですが、「なんかラッキーっぽい」感じ。

その「ラッキー」感や「レア」感にあやかって、ゾロ目の日は記念切符が発売されがちです。

そしてそれを買ってしまいがち。

以下の写真は、
・平成7年7月7日の消印&70円切手3枚
・平成8年8月8日の京王線記念切符
・平成9年9月9日の京王線記念切符

f:id:shishi-book:20200321135302j:plain

記念消印・記念切符

 

ミレニアム系 切符

2000年のときも様々な記念モノが発行されましたよね。

f:id:shishi-book:20200321140110j:plain

2000年 記念切符


購入したはいいものの、たまに取り出して眺めるでもなく。
引越しの度に「ああ、これ、売れるかな、、、」と思う程度でした。

金額は大した額ではないですが、無駄遣いしているな……と反省。

もちろん、集めるのが趣味な方は全然良いと思うのです。
金額以上の、ワクワクとか楽しみとかも買っていると思うので。

私の場合、「ほしい!」ではなく、「なんかラッキーっぽい」という漠然とした気持ちで購入したのが良くなかった(反省)。

記念SFメトロカード

「海の日」が制定された記念に発行されたSFメトロカード。

f:id:shishi-book:20200321140908j:plain


広告  

メトロカード

SFメトロカードは2015年3月末に使用終了。

それなりに地下鉄を使う機会もあったはずなのですが、買ったことをすっかり忘れていて、気づいた時はすでに2019年。

払い戻し期間も2018年1月まででしたので、1000円が消失してしまいました……。

東京メトロに寄付したと思うことにしよう。


記念硬貨

オリンピックや万博、何か大きなイベントがある年は、記念硬貨も発売されますよね。

・青函トンネル瀬戸大橋開通記念
・平成元年貨幣セット

f:id:shishi-book:20200321141813j:plain

記念硬貨


これらは親戚にもらったものなので、私の懐は全く痛んでいないのですが、意外と場所を取るのが悩ましい。

いえ、そんなに場所をとるというほどでもないのですけど、引越し時なんか「少しでも荷物を減らしたい」で必死ですからね(ダンボールが増えると料金が変わる場合もあるので)。

両方とも、発行枚数が多いようで、もとの額面の値段しかつかないようです(だから買取よりも、金融機関での両替をおすすめされるらしい)。

両替したところで大した額でないし……そこまで日銭に困っているわけでもないし……と処分を延ばし延ばしにしてここまできてしまいました。

あと何十年か持っていたら多少は価値が上がるのかな、と考えてみましたが、記念硬貨ってなかなか処分しないと思うので、あまり変わらないのかな。

両替のタイミングが難しいです。



広告  

おわりに

「記念〇〇」って、つい買ってしまいがちですよね。

本当に「欲しい!」という場合は良いですが、「記念だから!」とか「今しか買えないから!」というモチベーションの場合はだいたい後で処分法に頭を悩ますことになります。

お土産とかもそうですよね。
「何か、記念になるものを!」と思って買ったものって、まず使わない。

本当に欲しいと思ったものは、買ったほうが暮らしが楽しくなるので、むやみに節約する必要もありませんが、買う前に「本当に欲しいのか?」ということをよく考えるようにしたいと思いました。