省スペースでぬめりもなし「詰め替えそのまま」

詰め替えそのまま

シャンプーやリンスのポンプ、浴室に置いておくと底がヌメりますよね。

浴室の換気機能が高ければ、たまにサッと拭いておく程度でも気になりませんが、湿度が高い環境だと、かなり気をつけないとヌメりますね。

以前は、100均のカゴにシャンプー類のボトルを入れ、そのカゴごと持参して浴室に入り、カゴごと持って出る、という方式にしていました。

まぁ、それでも悪くはなかったんですが、ちょっと面倒だったり、カゴが邪魔だったり、という感じで「うーむ」となっていました。

そこで、諸々調べた結果、「詰め替えそのまま」なる商品があることを知るのです。

 

詰め替えそのまま MINI グリーン MS-2

詰め替えそのまま MINI グリーン MS-2

 

 
詰め替え用のシャンプーのパッケージの指定位置にはさみを入れ、そこに「詰め替えそのまま」のポンプ部を入れ、留める仕組み。

f:id:shishi-book:20191126183621j:plain

説明

設置してみたところ。

f:id:shishi-book:20191126183737j:plain

詰め替えそのまま装着の図

ポンプ部とフック部を拡大します。

f:id:shishi-book:20191126183800j:plain
f:id:shishi-book:20191126183809j:plain
ポンプ部とフック部


ポンプ部の白い球状のところ(ぷにぷにしています)を押すと、液体が出る仕組みです。

浴室のタオル掛けなどに引っ掛ければよいので、容器の底ぬめり問題からオサラバ。
実に快適です。
浴室の掃除自体も楽になります。

浴室にタオル掛けがない方は、シャワーヘッドをかけるところに設置する部品が付属しているセットもあります(超便利!)。

 

気になるところ

少し気になるのは、かためのテクスチャーのものだと出しづらい、ということ。

上の写真の「アメニモ」というブランドのトリートメントとか、まさにかためテクスチャーなので、「むぎゅううううう」とポンプ部を押してもちょろっとしか出ません。
追加で出そうとしても、ポンプ部がへこんだままなかなか元に戻らないので、さらに力をかけるか、へこみが戻るまで待つか、という感じです。

逆に、サラサラのテクスチャー(メイク落としのオイルとか)だと、液だれする、という口コミをどこかで見たような気もします。
(私はシャンプーとトリートメントしか使用していないので、詳細は不明。すみません)


ミニでもいいの?

「詰め替えそのまま」には、通常のものと、「ミニ」サイズがあるようです。
私が購入したのは「ミニ」のほう。

通常の詰め替えパッケージには全く問題なく使えました。
詰め替え2回分とかの増量パッケージを使う場合は「ミニ」ではないほうがいいかもしれませんね。

私がハンズで購入したときは蛍光色しかなかったのですが、白もあるみたいです。

三輝 詰替えそのまま ミニ MS?2(W) ホワイト

三輝 詰替えそのまま ミニ MS?2(W) ホワイト

 

 


もう手放せない

すでに半年程度使用していますが、特に不都合もなく使えています。

ヌメり問題も嫌ですが、私はポンプ自体が邪魔だと思ってしまうタイプなので、この「詰め替えそのまま」は手放せなさそうです。
ポンプ自体をゴミとして排出する必要もないからエコですしね。

今のところ、通販か、ハンズなどでしか手に入らないようなので、近所のドラッグストアとかで気軽に買えるようになるとありがたい、と思うのでした。


(後日追記)
シャンプーとコンディショナーを増やしたかったので、「詰め替えそのまま」を二つ、追加で購入しました。

 


広告