【こんなの欲しかった】片手で食べられるようかん

ようかんのパッケージをむいて、カットするのが面倒くさい

ここ最近、たまにふと「ようかんが食べたい」と思うようになってきました。

子どもの頃は、ようかん(羊羹)なんてまるで興味なかったんですが(他のお菓子は大好き)。

甘党の父が、ようかんや甘納豆をよく一口くれましたが「甘ったるいし、歯ざわりもねっとりしているし、わざわざ好んで食べるほどのものだろうか」なんて思っていました。
父に「まだ食べる?」と聞かれたら必ず「いい」と毅然と断っていたほど。


そんな私でも、ここ最近、無性にようかんが気になる(歳をとったのだなあ……)。
ようかんを見かけると、それこそ何十年も食べていないのに「あ、食べたい」と思うから不思議です。


とはいえ、ようかんって、食べるまでが結構面倒ですよね。

 

井村屋 58g ミニようかん 煉 58g×10個
 

 

ピタピタに貼りついている包装パッケージをはがし。
まな板と包丁を出し。
一口大にカットしてお皿にうつし。
つまようじをさし。
全部は食べきれないから残りはラップして冷蔵庫へ。
まな板と包丁を片付ける。


特にここ最近は、新型コロナウイルスの影響で、「食品のパッケージにもウイルスがついている可能性がある」なんて言われますから、なおさら気を遣いますしね。
パッケージを拭くなり洗うなりしたほうがいいのだろうか、とか。

そんなことを考えていたら「面倒だからまあいいや」となっていました。

が!
素晴らしいようかんを発見しました。
(けっこう前からあったのに気づかなかっただけかもしれませんが)

広告  



井村屋の「片手で食べられる 小さなようかん」

井村屋の片手で食べられる小さなようかん

井村屋の片手で食べられる小さなようかん


外袋から中身を取り出すと、スティック状のようかんが!

片手で食べられる小さなようかん

片手で食べられる小さなようかん

スティック状ようかんの(縦方向の)真ん中に「ココを押すだけ」と書いてあります。

え、ほんと? 押すだけ?
押したらようかんでてくるの?
そんなうまいこといかないでしょ。

と思いつつ、「ココを押すだけ」を押してみると、袋の上部の口から、ようかんがにゅるっと!
(肝心の写真を撮り忘れた……)

出てきたようかんを食してみると、これまたおいしいんです!
甘すぎることもないけれど、あんこの風味もしっかり残っていて。

あっという間に完食。

下のほうに残っていたようかんも楽に押し出せたので、食べづらいと感じることもありませんでした。

まとめると
・手が汚れていても食べられる
(もちろん食事前に洗いはしますけどね)
かつ
・手を汚さずに食べられる
(ようかんはベタベタしますから)
そして
・一回分の食べきりサイズなのが素晴らしい
(残りを冷蔵庫に、とか、早めに食べきらないと、みたいなプレッシャーがない!)
しかも
・意外とカロリーが低い(39kcal/1本)
(糖分はありそうだけど)
さらに
・ポリフェノールも入っている!
(抗酸化作用!)


ひとくちでいいから甘いものが欲しい、というときにピッタリ。
私にとってはもう手放せないおやつになってしまいました。

食欲がないときでも、これなら手軽に糖分補給できます。
常温でも大丈夫ですが、夏場は冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめ。

こんなに素晴らしい商品、どうしてもっと宣伝しないのだろう、なんて思ってしまいます。
(宣伝してもやはり購入する層はある程度限られているのだろうか……)

ちなみに、私は近所のスーパーで見つけました。
お菓子エリアの和菓子コーナーに置いてあると思います。
私がしょっちゅう買いまくるせいか、ここ最近は品切れのことも。

ドラッグストア(比較的大きめの店舗)でも見かけたことがあります。

井村屋 片手で食べられる小さなようかん 7本

井村屋 片手で食べられる小さなようかん 7本

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

スポーツ用もある!

片手で食べられるということは、例えばスポーツ中とか、屋外作業中でも糖分補給できるわけで、すごく需要ありそう、、、と思っていたら、もうすでに発売されていました。

こちらは塩分も入っている!
すばらしい。

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 
ようかんだと甘すぎるという方はワンプッシュゼリー!

 

 

非常持出袋に入れられる! 5年保存のえいようかん

あと、長期保存可能な「えいようかん」なるものも!

こちらは押し出して食べるスティックタイプではないですが、フィルムを引っ張るだけで開封、そのまま食べられるようです。

水なしで食べられるし、アレルギーフリーなんだそうです。

 

 
井村屋さんのウェブサイトの開発ストーリーに胸があつくなる

えいようかん | 商品情報 | 井村屋株式会社



ここ数年の豪雨や、最近でいえば新型コロナウイルスの影響で、「ある程度は備蓄が必要」ということをひしひしと感じています。

買っておこうかなあ、と考え中。


広告  


おわりに

なんだか、井村屋さんの回し者のようになってしまいましたが……ただの「片手で食べられるようかん」に感動した者です。

井村屋さんといえば「あずきバー」の印象が強かったですが、かなりいろいろ発売されているんですね。

これも食べてみたい。

 
抹茶味は外国人の方にも楽しんでもらえるのでは(現在の社会情勢では当面観光も難しそうですけど)