厚みと暖かさのバランスがよくて使いやすい - モンベル「ジオライン」の中厚手(ミドルウェイト)

長袖インナーのパッケージ

モンベルのアンダーウェア・ジオライン(中厚手)


ヒートテックの汗冷えに悩み、モンベルのアンダーウェア「ジオライン」シリーズを愛用中。

本記事では、「ジオライン」シリーズのうち、中間の厚みの、「中厚手(M.W.:ミドルウェイト)」のアンダーウェア(長袖シャツ)を紹介します。

まさしく「薄手と厚手の中間」でして、バランスのとれた一枚
秋口や春先だと少し暑いかもな、という感じですが、冬場には頼もしい存在。
「厚手(エクスペディション)を着るほどではないけど、けっこう寒い日」に着ていると安心感があります。

 

(参考)ジオラインって何?

・モンベルが独自開発した素材の名称
・極細繊維&ボックス構造で空気をためる(暖かい)
・親水加工により、汗を吸収して外に出す
・防臭、制菌加工

アウトドアブランドですので、「寒い中身体を動かす/留まる」ことを想定しており、それに必要な機能は全部詰め込まれています。

薄手(L.W.:ライトウェイト)
・中厚手(M.W.:ミドルウェイト )→本記事はこれ
厚手(EXP.:エクスペディション)


広告  

ジオライン(中厚手)の使用感

黒い長そでシャツが壁にかかっている

ジオライン(中厚手)

中厚手(エクスペディション)の感触は? どのくらいの厚み?

感触は「ほどよくふかふか」しています。

ジオラインのシリーズでいうと、薄手(ライトウェイト)よりも、厚手(エクスペディション)のほうに感触は近いかな、と思います。

でも、「分厚い」感じはあまりなく、着ぶくれするほどでもありません。

厚みについては、(何度も洗濯しているので、あくまで目安ですが)ユニクロの超極暖の厚みに近いかなと思います。

「最強寒波というほどでないが、まぁまぁ寒い」という日にはもってこいなので、冬期を通して安定的に使える一枚と感じます。

やっぱりあたたかい

厚手(エクスペディション)に比べると薄いので、暖かさはぐんと落ちるのかな、と思っていたのですが、そこまででもなく、中厚手(ミドルウェイト)もかなり暖かいです。

袖が勝手にまくれあがってこないのが心地よい

斜めに縫ってある袖

ジオライン中厚手の袖口

厚手・薄手とも共通ですが、ジオラインの袖は斜めに縫ってあります。

このおかげで袖がゴロゴロせず、ピッタリとフィットします。

ほかのインナーだと、着ているうちに袖が勝手にまくれあがってきてしまうことがよくあるのですが、モンベルのジオラインに関してはそんな気配がゼロ。

ジオラインを着るまでは意識していませんでしたが、袖がまくれてくるのは結構なストレスだったんだなと認識しています。

洗濯を繰り返しても、今のところ袖口が伸びることもなく、ほどよくフィットしてくれます。

乾きも速い

ジオラインシリーズは、インナーにしてはお高いので、何枚も買いそろえるには勇気がいるのですが、乾きが早いので、数枚でなんとかなります。
朝洗えば、夜には乾いています。

乾きがよいということは、多少汗をかいても気になりにくいということ。

※ただし、綿のキャミソールなどをジオラインの下に着てしまうと、汗冷えしてしまうので、ジオラインを素肌のすぐ上に着るのがポイントです。

(薄手のみですが、ジオラインのTシャツや下着もあります!)
モンベル | オンラインショップ | スーパーメリノウール L.W. UネックTシャツ Women's


広告  

気になる点

毛玉

中厚手タイプは、多少毛玉ができそうです。
(ちなみに厚手はわりとしっかり毛玉ができます。薄手タイプはまったくなし)

私は毛玉を嫌悪しているタイプの人間ですが、性能が良いのでそこは目をつむることにしています。

お値段がそれなりにする

本記事執筆時点で、ジオラインのラウンドネックシャツ(中厚手)は、Women'sは4620円、Men'sは4730 円


私は当面はモンベル以外当面は考えられないので、買ってしまいましたが、まあ、それなりにお高いですよね。

webshop.montbell.jp

 

おわりに

モンベルのアンダーウェア「ジオライン」(ミドルウェイトM.W.:中厚手)は、厚みと暖かさのバランスがよく、使いやすい一枚です。

・冬場、安定的に使える
・一枚で暖かい(インナーの重ね着不要)
・着ぶくれしにくい(対 厚手)
・速乾、汗をかいても気になりにくい

広告