汗をかくとヒートテックが湿って冷える⇒モンベルのアンダーウェア「ジオライン(薄手 L.W.)」で解決

冬でもけっこう汗をかく

寒くても意外と汗かくんですよね。

北風吹きすさぶホームから暖房の効いた混雑電車に乗って「うわ、あっつ!」となったり。
寒いからと厚着して出かけたら、歩いているうちにポカポカを通り過ぎて暑くなったり。
寒くて眠れず、厚着して床についたら、夜中に暑くて目が覚めたり。


汗をかくと、インナーの素材によっては、余計に冷えてしまいませんか。

先日も、「なんか……暑いのに冷えるような……」と思っていたら、汗でヒートテック(超極暖)が湿っていました。

自宅ならばすぐに着替えればいいですけど、外出中はなかなかそうもいきませんから、汗冷えは超不快ですよね。

そこで、頼りになるのがアウトドアブランド。
登山などでは、寒い中、身体を動かすので、汗冷えはしっかり考慮されています。

ここ数年、モンベルにプチはまりしている私。
汗冷えに強いという噂の、モンベルのインナーを買ってみました。

モンベルのジオラインとは?

モンベルでは、「ジオライン」という素材を使ったアンダーウェアを販売しています。

ジオラインとは

モンベルがアンダーウエアのために糸一本から独自開発した高性能素材です。遠赤効果により体を温めながら、極細繊維で作る独自の構造により繊維間に空気を豊富に蓄えることで暖かさを持続。制菌・防臭効果や伸縮性、吸水拡散性にも大変優れ、快適な着心地を実現しています。

モンベルオンラインショップウェブサイトより引用

モンベル | オンラインショップ | ZEO-LINE® ジオライン®


極細繊維なので空気をためて暖かいとのこと。
生地に親水加工をしているので、汗を吸収して外に出すしくみ。

なお、ジオラインには

・薄手(ライトウエイト)→本記事で紹介
・中厚手(ミドルウエイト)
・厚手(エクスペディション)→
別記事で紹介>>>真冬はこれ以外考えられない - モンベルのアンダーウェア「ジオライン」の厚手(エクスペディション)


と種類があり、お好みで選べるようになっています。

今回は薄手(ライトウェイト)の長袖シャツを選びました。
売り場で触ってみたところ、サラサラしていて肌触りが気持ちよく、いかにも汗を外に拡散させてくれそうな感じがしたからです。

webshop.montbell.jp


上記リンクにも「寒い季節の激しく汗をかく運動など」にも対応と書いてあるので、生活上の汗くらいどうってことなさそうで、頼もしい。

ジオライン(薄手)の使用感

f:id:shishi-book:20200202231653j:plain
f:id:shishi-book:20200202231746j:plain
ジオライン 左:パッケージ 右:実物

肌触りがサラサラなのに、ヒヤッとしない

写真から伝わるかわかりませんが、すごく薄いです。
蛍光灯にかざすと、黒い生地でもうっすらと光が通るくらい。
この上にタイトなニットなどを着ても問題なしの薄さです。

それほど薄いのに、ひんやりする感じは全くなし。

外側はかなりサラサラした感じですが、内側(肌に直接触れる側)は、いい意味で少し毛羽立っているというか、ほんのり温かい感じがします。

実際に着用してみると、肌触りがとてもよいです。

お風呂上りの汗ばんだ状態でも抵抗なく着ることができました(むしろ快適)。

日中でも夜中でも、汗冷えを感じることがなくなりました。
(洗濯の都合で、別メーカーのヒートテックを着用したら、汗による湿りを、以前よりも感じるようになってしまって、もうモンベル以外は身体が受けつけないかも……)

袖回りフィットで勝手にめくり上がってこない

あと、個人的に、意外とよかった点は、袖回りのフィット感。
最初に袖を通したときは「ちょっとキツめ?」かと思ったんですが、ぴったりフィットしていることで、袖が勝手にめくり上がってこないという利点がありました。
地味なことですが、これがすごく快適。

ヒートテックやその他類似品の場合、着ているうちに袖がずり上がってきて、肘から下が寒いことがあり、地味に不快だったんですよね。
手首が寒いと、結果的に身体も冷えるし。

というわけで、ジオラインのアンダーウェア、とても気に入っています。

気になるところを強いて挙げるなら、胸元の「mont-bell」ロゴですかね。
いかにもなアウトドア感(アウトドアブランドだから当然か……)。


広告  

おわりに

汗冷えに悩んでいる方は、モンベルに限らず、アウトドアブランドのインナーを試してみる価値がありそうです。

私は現在持っているヒートテック類をジオラインに総取り換えしたい気分です。
薄手、中厚手、厚手、スーパーメリノウール、と数枚ずつ揃えたい!

ただ、気になるのはお値段。
特殊な糸を使ったり、加工していますから、それなりのお値段です。

私が購入したジオライン(薄手)アンダーシャツは税抜きで3100円(厚手などはもっと高い)ですから、ユニクロのヒートテックが三枚以上買える……。
しかもヒートテック、何年も持つんですよね。
(そう考えると、UNIQLOさんもやっぱりすごい!!)


とりあえず、もうしばらく着用を続けて、長期的にもいいかどうか(生地の表面加工が早くダメになったりしないか、とか)様子を見たいと思います。

→翌シーズン、ジオラインの厚手(エクスペディション)を追加購入しました。

mame-kotukotu.hatenablog.com

 

 


広告